小島露観ギャラリー

軌跡

Find us on social media

絵本から始まった歴史探訪

私が小学校に上がったのは敗戦の翌々年の昭和22年であり、民主主義教育が始まったばかりの時であった。
教科書も戦前のカタカナを使ったカチッとしたものから、ふにゃけたひらがな文に変わっていた。
一億(といっても当時は八千万余りだったと記憶しているが)総ザンゲの時代であり、戦前のものは一切合財否定された時代であった。民主主義教育が叫ばれ、万民平等の平和教育が占領軍本部GHQの手によって執こいまでに繰り返された。誇りを失った教師たちは、日本の全歴史を否定し、日本はダメだ、日本人はダメだ、と繰り返し生徒たちに教えこんだ。
生徒たちはそのまま日本はダメな国であり日本人はダメな民族なのだ、と思いこんだ。

日本は立派な国だ

だが幼かったが私は全くその思想に感応しなかった。
というよりはその思想を全く受け入れなかった。(日本は立派な国だ、日本人は偉大な人物をいっぱい出している。)私は日本の歴史が好きで沢山の本を読んでいた。
絵本から始まった歴史探訪は年令とともに読本の英雄豪傑伝に移っていた。
源義経から始まった英雄崇拝は織田信長、豊臣秀吉、日本武尊、西郷隆盛、勝海舟へと拡大していた。
読めば読むほど日本は偉大な武人像で満ち満ちているのを発見し、「日本はだめだ」と潮笑う教師の唇元を見る度に(西洋のどこに信長がいるか、西郷がいるか)と底冷えのする怒りが歯の根本を侵してくるのを覚えていた。

自分の興味をとことん追い求める

会社に時間をとられる生活を強いられてられてどれほど時間が大切なものかを思い知った。
退社して寮に帰ってくると直ちに勉強を始め、朝の二時三時までいろいろな本を読み漁った。
歴史、政治学、経済学、法学、哲学等を寸暇を惜しんで勉強した。勉強というものは相手に合わせてするものではなく、自分の興味をとことん追い求めるものだ、ということを痛感しながら没頭した。
ボーッと錆びついていた頭はみるみるうちに嘗ての冴えを取り戻し、あらゆる知識を頭にぶちこみながらあらゆる問題を考えていった。
経済学ではケインズ経済学からマルクス経済学に移り、マルクス・エンゲルス全集を買い込んで「資本論」や「反デューリング論』を読みながらレーニンとトロッキーにのめりこんだ。

自然破壊への憤りは半端の物ではなかった

私の中の革命家が眠りから醒めた。
革命家になりたいと心底願った。レーニン等に深く傾倒しながら同時にナポレオンに憧れてもいた。
一方、勉強のかたわら私は時々山歩きに出かけていたが、嘗て少年時代に歩いた同じ山を訪れるたびに山がゴルフ場や道路や宅地開発や観光開発によってズタズタになっていくのを目の当たりにして断腸の思いであった。
自然破壊への憤りは半端の物ではなかった。「自然は神籬なのだ、而るに……」という思いに取り憑かれていた。自然破壊を見るにつけ、私の中の古代人はいよいよ強くなり、文明に対する敵意が着実に強まっていった。
私の関心は次第に政治に収歛していった。
全ての勉強が政治に焦点化していった。そして日本の政治は今と変わらず愚劣なものであった。(なぜああいう愚劣な政治家しか出ないのか。)私は民主主義に対して根本的な侮蔑感を以前から懐いていた。
歴史の中に登場する偉大な武人政治家にひきかえ、民主政治の中に蠢く政治家どもの卑しさは我慢がならなかった。
そして政界を見ると愚劣な輩ばかりなのに私の周りには立派な人物が何人もいた。彼を首相にしたら良い政治をするだろうと思われる人材が何人もいた。

なぜああいう愚劣な政治家しか出ないのか

だがそれらの人材は政界の泥沼に打って出る野心などまるでなかった。民主政治では野心家しか出られないことを痛感した。
また選挙というものの本質も否定していた。どんなに偉大な人物もどんなにくだらない者も一票は同じ価値しか持たない選挙というものが大嫌いであった。
20才になって選挙権を貰って最初の選挙には投票したが、次の選挙からは全て投票所に足を運ばなかった。

どうやって世界を覆すか模索

民主政治が代表する現代という時代を根こそぎ覆してやろうという意志が電戟のように閃いたのはこんな時であった。
私は辞表を呈出し、今度は受理されて退職した。私は小さな数学塾を高校生相手に開きながら、どうやって世界を覆すか模索し始めた。
ロシア革命にはマルクス理論があったように、今度の世界革命にもそれに匹敵する理論がなければならない。
理論を構築することができなければ私の目指す革命は不可能だ 私は直観的にそう思った。

不可能な感じはしなかった

野ッ原にまずレールを敷かなければ列車を走らせることはできない。
レールが理論であり、列車が実際行動である。私はマルクスの役とレーニンの役を二つながらこなさなければならない。レーニンになる前に先ずマルクスにならなくてはならない。
不可能な感じはしなかったが、容易な仕事ではないことは明らかであった。
力不足で人を動かすことができなければ自分一人でも事を起こして死ぬだけだ、私はそう決意した。

年譜

1940 生誕
1964 サラリーマン経験の1年後に千年紀のあるべき姿を求めて退社、以後研究生活に入る。
1986 ハレー彗星の接近に伴い「大悪魔戦争」勃発。全宇宙の魔と数千度に渡る戦いに全て勝利。この戦いの中で宇宙の構造が全く新しい物に変革され、宇宙と人間の正しい構造を提示する宇宙哲学「神文」を打ち立てる。
1987 宇宙皇帝Zが富士に貫入、地球神を兼任する。小島露観とZが合体し、Zの権化神となる。
1990 理想世界の萌芽母体「銀河皇朝軍」創設。以後、秘儀により世界と人間の変革を進める。
1991 「古代帝国軍」に名称変更
1993 国中國「古代帝国富士皇朝」建国。
1994 西紀消滅、正真正銘の時間「皇紀」 が発生。以後世界は皇紀暦が示すところによって動かされる。
1996 「出雲帝國富富士皇朝」に名称変更。
1997 「世界帝国富士皇朝 ZYNASTIA」に名称変更。著書「新カルマの法則」「天網恢々疎にして漏らさず」発刊。
2000 著書「日本の未来を読む」発刊。日本の古来の風土を取り戻す作戦「おのごろ島作戦」開始。
2003 世界により大きな波及効果をもたらす「作戦シリーズ」開催。
著書「戦争と平和の神(Ⅰ・Ⅱ)」発刊。シンポジウム「ジャパネスク」開催。「帝国ZX」に名称変更。「作戦シリーズ」開催。
2013 「ZIGUMA」が出現し「Zaraz」が吸収された事に伴い、「ZIGUMA」の権化神となる。
2016 「閻魔庁」発足。閻魔大王として個人から国家まで幅広く天罰業務を行う。

2016 - ZIGMA | God of the New World ZIGMA